ギフトに贈るコーヒー

リキッドコーヒーのレシピ

リキッドコーヒーのレシピ リキッドコーヒーを使った、すぐに出来る美味しいレシピがあります。
苦みの利いた大人のコーヒーゼリーは、リキッドコーヒーを240cc使用します。ゼラチンは5gですが、美味しいコーヒーゼリーにするにはゼリーの原材料が豚でなく牛のものを使ってください。
もし牛のゼリーが見つからなければ植物性のゼリーの素か寒天でも大丈夫です。まず熱めのお湯30から50ccでゼリーを溶かします。
ゼリーの粉が底に溜まっている様子がなくなったら、リキッドコーヒーを加えます。これを良く混ぜてから器に分けて、冷蔵庫で1時間ほど冷やし固めます。
このレシピは2人分ですので、材料を増やしながら人数分としてください。
もうひとつ、コーヒー水ようかんは香ばしさと甘さを併せ持つ、男性でも食べられる和菓子です。
リキッドコーヒーを250cc・粉寒天2g・砂糖30gを鍋に入れて、火に掛け煮溶かします。これに漉し餡200gを少しずつ加えて行き、2分から3分なめらかになるまで焦がさないよう気をつけながら混ぜます。
良く混ざったところで火から下ろし、水や氷に鍋をつけて荒熱をとります。人肌ほどになったらそれぞれ器に注ぎ、冷蔵庫で30分くらい冷やしましょう。

リキッドコーヒーの新しい使い方

リキッドコーヒーの新しい使い方 リキッドコーヒーとは、文字どおり、コーヒーがもともとリキッド状になっている商品です。
種類はたくさんあり、有名な喫茶店などが出している高価なものから、気軽に買えるものまであります。
使い方は、使い手しだいでたくさんあるので、コーヒーが好きな人にとっては、より楽しくコーヒーを味わえるものとして重宝されています。
リキッドコーヒーは液状ですから、その利点をいかすと、コーヒーとさまざまな物のコラボレーションを楽しむことができます。
もちろん、ベーシックな使い方として、氷の入ったグラスに注いで、徐々に風味が変わるのを楽しみながらアイスコーヒーのように使うこともできますし、ミルクと混ぜることで、濃厚なカフェオレやカフェラテにすることもできます。
しかし、リキッドコーヒーの本格的な楽しみ方としては、チョコレートと混ぜることで大人なチョコレート味を楽しめたり、生クリームやアイスクリームにかけるのも、甘さとコーヒーの程よい苦味の生み出す深い味わいを作ることが可能で、コーヒーの風味の楽しみ方が広がるのです。
お酒に合わせる方もいますし、その場合はラム酒などが多いですが、お酒にもコーヒーにも関心があり楽しみたい方には、冬に洋酒とリキッドコーヒー、そこに好みでシナモンやジャムを入れたりすると、とてもお洒落なコーヒーの楽しみ方ができます。

コーヒーに関する情報リンク

ギフトにも最適な美味しいコーヒーを取り揃えたコーヒー専門店のサイト

カフェインレスコーヒーの通販